月はどっかにでている
洋邦問わず。優良FLASHアニメーション・ゲームを厳選して紹介。毎日更新中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「7」 ~VIP板テーマソング
「7」
7.jpg
知らない方は、先に必ずこちらをご覧ください。一応説明すると、2chVIP板「暇だからテーマソング作ろうぜ」スレにて誕生した、VIP板テーマソングです。あまりの完成度の高さに驚くと共に、「燻製~」の下りで笑いが止まらなかった自分がとてもイヤになりました。

スポンサーサイト
ラグナロク劇場
ラグナロク劇場
おかえりなさい
ラグナロクオンラインに登場するNPCと、初級冒険者達の切ない物語。青い空や見渡す限りの草原が、ゲーム序盤の雰囲気をとても良く表しているような気がします。最近遅ればせながら別エンドを発見することができ、驚くと共にとても暖かい気持ちになれました。
未来的空間
NANAME CITY -KATAMUITERU-
NANAME CITY - KATAMUITERU
NANAME CITY
naname2.jpgnaname1.jpg\"naname3.jpg"


「Nightmare City」及び「Nightmare City -CATASTROPHE-」のパロディ作品。ネタの密度が高すぎです。以下、前作「NANAME-CITY」ストーリー考察として。

「近未来、仮想空間で夢を共有することを目的とした科学実験が行われた。
しかし実験はコンピューター管理ナナメの反乱という最悪の結果となった。
ナナメの反乱によって起こるプレイヤーのナナメ化……
心優しいしぃは、管理ナナメでありながらもそんなことができず悩む。
一方、プレイヤーであるナナメギコは空を見上げ、太陽の異変から「この世界」の変化に気付く。
 

裏寂れた街の十字路で偶然であったギコとしぃ。
ナナメギコは世界に対する疑問をしぃに告げ、共に脱出しようともちかける。
それを承諾し、共に旅立つしぃとギコ。  
だが、しぃは自分がナナメであることを何故かギコに言えなかった。

他プレイヤーも段段と異変に気づき始める。
逃げるもの。暴れるもの。流れるもの。怒られるもの。チ●コ見せろ。

ギコとしぃは現実世界へ戻るため出口へ向かう。
管理VIPであるブーンはナナメギコの脱出を阻止しようと二人を追跡してくる。
強力なブーンのチ●コに負け、一度は諦めかけるギコ。
だがしぃと共に脱出するため再び力を取り戻す。
 

ブーンを撃退し出口にたどり着くギコとしぃ。
突然しぃは自分が一緒にいけないことをギコに告げる。
しぃは自分がナナメである事は最後まで言えなかった。
理由が分からずいぶしがるギコを脱出させるため、しぃは世界の境界に巨大な壁を作り出す。
そして壁の内側で、しぃを敵を認識したブーンがしぃを襲う。
ギコを救うため初めて力を使うしぃ。
一方壁の外側では、ギコは消えかける世界から一人脱出する。
必ずしぃを救いに来る誓いと共に。

作者さんは謙遜されているようですが、とても素敵なパロディ作品と思います・・。

ロッカールーム
Daft Punk Coillab
Daft Punk Coillab
DUFTPUNK.jpg
「DUFT PUNK」の曲に乗り、ドット丸出しのレトロゲームキャラ達が乱舞するPV作品。海外のゲームネタFLASH職人総勢18名(!)のよるコラボ作品という事で、とても完成度の高い作品になっています。ネタも濃厚ですが、特にタイトル画面には脱帽してしまいました。出演キャラクターの中には最近日本のFLASHで有名なあの人も・・ww

Medivold
Medivold
ira.jpg
「イライラ棒」っぽいゲーム。ライフ制が採用されているのがミソで、時にはコレを利用した大胆な戦略も有効です。しかし、なんというかマウス性能と人間の触覚の限界を試されるような難しさです。ウチのは(安い)光学式なので、プルプル震えて無理でした・・・。。

ロックマンVS魔界村
ロックマンVS魔界村
RVSA.jpg
「魔界村」のステージをロックマン(スライディングとか溜め撃ちあるんで"3"ですね)でプレイできます・・・といいたい所ですが、「魔界村のグラをかぶったロックマンがプレイできる」といった感触。シビアさも忠実に再現されており、コントローラーじゃないと厳しいかもです。アーサー見たさに、珍しく全クリしました。

復讐鬼マコトOP「Last battle」
復讐鬼マコトOP「Last battle」
KANON.jpg
有名な北斗の拳風・Kanon「復讐鬼マコト」の連載200回記念オープニングPVフラッシュです。「奇人部屋」様の原作もとにかく激烈!!実は元ネタわからないんですが、それでも腹が捩れるほど笑いました・・・。「イメージ崩壊への注意書き」は伊達じゃないようです。

帝國活動写眞館

60Second Trip
60Second Trip
yee.jpg
①テーブルに手を置きます。
②FLASHを再生します。
③60秒間凝視します。
④おもむろに手を見ます。
⑤:Σ(゚д゚;)イリュージョン!

Star Fire
Star Fire
20051121200001.jpg
一見コテコテなシューティングですが、その実かなり熱いゲームです。多彩な武器や個性的なスペシャルウェポン、そして画面右下に配置された自爆スイッチなど燃える要素がイッパイです。味方機の援軍や敵艦に突っ込む味方艦の登場など、戦闘中リアルタイムに発生する演出も涙モノ。

Modern Living ・ Monar Living
Modern Living
Monar Living
ml.jpgmol.jpg
意味不明ですがなんかクセになるFLASH。管理人は46番”DISCO”がお気に入り。モナー版の方は本家公認の作品だそうです。

hoogerbrugge
CounterQ

のび太VSドラえもん ver2 予告編
のび太VSドラえもん ver2 予告編
のび太VSドラえもん(元祖)
D2.jpgD1.jpg
なんと!名作「のび太VSドラえもんFLASH」の続編を製作される方が現れたそうです。現在製作中だそうで、こちらはその予告編との事。しかし私個人「ドラえもん」も前作のFLASHも大好きなのでどうしても一つだけ・・・。主題歌について。前作の「少年期」へのへの思い入れはもちろん、何より初期の劇場版を髣髴とさせる雰囲気が大好きだったのですが・・・。ともあれ陰ながら激しく応援させていただきます!!
(「鉄人」の『私が不思議』とかダメですかね?『少年期』に並ぶ物とするとアレしか・・・)

CROSS BREED


Sloopy Fight 2
Sloopy Fight 2
sf2.jpg

棒人間壮絶バトル物。丁寧なSF風味が光ってます。しかし中盤登場するカッコイイ巨大メカ!見掛け倒しにも程がありますww


折世紀AAヴァンゲリオン
折世紀AAヴァンゲリオン
20051117192626.jpg
AAキャラのエヴァOPパロです。OPそのまんまではなく、ちょっとしたアレンジがなされている部分にグッときました。一瞬のカットにも面白いメッセージが。ちなみに「ぁゃなみ」はれっきとしたAAキャラですw

LISが暇すぎて頭にきたからFLASH作る

Turbo Spirit XT
Turbo Spirit XT
XT
世界を転戦するバイクレースゲーム。っていうかシチュエーションといい操作感覚といい、ぶっちゃけ「セガ」の「ハングオン」です。ただひとつ大きな違いは障害物に接触しても転倒しないことでしょうか。懐かしみつつコントローラーで思いっきり楽しみました。
*マウスでも操作できるようです。スゲー!
マイケルファンタジー
マイケルファンタジー
MF.jpg
日本FLASH界を震撼させた(笑)「マイケルクエスト」。ついにその(正式な)第二弾が発表されました。今回も強烈ですが、何といってもガイルのサマーソルトキックに爆笑!しかし終盤の展開に、思わず涙してしまった私は負け組でしょうか・・w

RSF


情報元:エリュンの日記様より。ありがとうございました!
花咲鮎見 「インスパイヤ ~MAYO mix」
花咲鮎見 「インスパイヤ ~MAYO mix
20051114183818.jpg
「avexにインスパイヤされて曲を作ろう」スレにて作られた「花咲鮎見(はなさきあゆみ)インスパイヤ ~MAYO mix」のPVFLASH。(パ)クリエイトに対する信念・想いを乗せた、痛烈な歌詞に心打たれます。まさに、現代に蘇ったジャンヌ・ダルク。また、同スレでは「犬塚藍(いぬつかあい)」さんの「ぱくりんぼ」も発表されたようです。
またたく光

りとるぱい!
りとるぱい!
little.jpg
とても可愛らしい雰囲気の空耳FLASHです。「姐さんver」は何となく女の子向けの香りが。(歌詞はともかくw)また、終わりのちょっとしたオマケもお見逃し無く。原曲は実は悲しい悲恋の曲なのだそうです。

c-style

oculart
oculart
tommorow.jpg
究極の狂気・幻想系FLASHとして名高い一作。左の文字が各作品へのリンクになっています。「不気味」「オカルト」を通り越し、なぜか不思議な癒しを感じてしまいます。少々重いですが、全て見る価値大有りです。管理人は「tomorrow」がお気に入り。



Adrenaline Challenge!
Adrenaline Challenge!
無理
タイトルの通り、とんでもないモトクロスゲームです。変にリアル思考でないところが面白く、考えられないようなウルトラCを駆使して障害をクリアーしてゆきます。
操作は矢印キーで前進・後退・重心移動、スペースキーで方向転換。ライダーが壁に接触するとアウトです。また、各コースに設けられたタイムをクリアするとバイクのカスタマイズが可能になります。
ハマる事 3時間、とうとう5コース目(山岳地帯の頂上) 7コース目で挫折しました。全クリ出来た方、いらっしゃいましたら何卒攻略法をお願いいたします・・・。

littleFoot
littleFoot
littlefoot.jpg
アダム・フィリップス氏製作、「Brackenwood」シリーズ新作です。相変わらずの高クオリティに圧倒されます。野人(今勝手に命名)も相変わらずの悪辣さ。それと新キャラがメチャメチャかわいいっすww

biteycastle

行く、後の悔い
行く、後の悔い
noti2.jpgnoti.jpg
紅白FLASH合戦では「ストーリー賞」も受賞されている実力派FLASH職人「U-YA」氏製作の、全四話からなる大作ドラマ。FLASHとは思えないほどの、誰もが既視感を覚えてしまうようなリアリティ溢れる作画にも毎度の事ながら驚かされます。前作「あと一週間で消えるとしたら」も衝撃的でしたが、今回は少し趣向が変わったオチだったような気も。ただ、素直にハッピーエンドと思えない「何か」が心に残ります。

奪☆武蔵ノ技術研究所
MK vs. SF 2
MK vs. SF 2
mvsf2.jpg
「モータルコンバット」VS「ストリートファイター」物の新作です。相変わらず格闘もドラマもアツいです。バトルシーンは前作より更に自然な出来になっているんじゃないでしょうか。ただラストが(;゚Д゚)ハァ!?って気もしないでもないんですが・・・。

第3回フラッシュバトル (お題 :中世のヨーロっぱ(・ω・)ノ)
ただのボクと魔女の杖(製作:肛門の臭い 様)
中世ヨーロッパの不良少女(製作:トモエ☆ 様)
ただのボク不良少女

2CHスレッド内にて、題目に沿った作品を2人の職人が製作。勝敗を投票によって行うという企画「フラッシュバトル」に投稿された2作品。「魔女」という共通のモチーフを見出したにも拘らず、奇しくも双方まったく正反対の魅力を持った作品の対決となりました。前予想では数々の輝かしい実績を持つ「肛門の臭い」氏の圧勝と思われておりましたが、「トモエ☆」氏が僅差で勝利を収めたようです!

GODFLASH.com
トモエ☆ランド
Peanut Butter Jelly 2006
Peanut Butter Jelly 2006
pandl.jpg
人気シリーズ「Peanut Butter Jelly time」新作のようです。元ネタについてはハッキリとはわからないんですが、どうやらアメリカの中毒性のある電波ソング?らしいです。日本でいうと「巫女みこナース」のようなモノでしょうか。当サイトで紹介した作品に登場したキャラクターもちらほらと。

ふしぎ星の8つご姫
ふしぎ星の8つご姫
yatugi.jpg
作者の「のみ」氏のプロフィールを拝見すると、こういった「アニパロ物」は、やはり作成に数ヶ月費やされるそうです。完全無欠すぎてホント毎回圧倒されます・・・。また、AAキャラがカワイイのなんの、いい年こいた男でも激しく萌やされます。未見の方は他の作品も是非!

蚤様部屋

もすかう?
もすかう?
moskauy.jpg
とてつもない「もすかう」です。曲についてのくわしい経緯は「Pya!」の解説をご覧ください。伝説のヒーロー・声優達の夢の競演、その上「もすかう」だなんて・・・。もう涙モノですw

スンスンスーン
スンスンスーンsunsun.jpg

一時期流行った、マツダCMソングパロディFLASH。まとめサイトによるとスンスン(ZOOM ZOOM)とは車の走行音、日本で言うと「ブーブー」にあたる英語なのだそーです。しかし、同サイトで公開されている原曲mp3。初めて聞きましたが、結構ステキな曲です。

(・∀・)スンスンスーン♪ ( ゚Д゚)ハッ!


coconut
coconut
coconut.jpg
陰鬱な気持ちが吹き飛んでゆくような、とにかく陽気にさせられる作品。ため息が出る様な素敵なサイトデザインも必見です。

ゆりの華咲く場所

Green Lights
Green Lights
20051102080909.jpg
本格的なPVアニメ作品です。どこか中国らしい独特のクセを感じますが、とても優しく感じられる絵柄。音楽の雰囲気も良く、繰り返し見たくなるような魅力のあるFLASHです。断片的な理解ではありますが歌詞もステキです。

Poker Face Up
Poker Face Up
poker.jpg
2chAAキャラクターによるポーカーゲーム。前作「PokerFaceDown」のリメイク版です。前作よりもキャラの個性が強くなっている感じ。少し勝ち易くなった?そして目玉はなんといってもキャラ追加・選択の実装。更にやり込める作品になりました!

(・∀・)<名前ないっすか?

copyright © 2005 月はどっかにでている all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。